ジェンダー表現に関する監修・アドバイスについて

 

企業や行政機関を対象に、講演や研修を通して、ジェンダー表現に関する監修・アドバイスを行っています。学者・ジャーナリストとしての知見に加え、経営者*の視点からもご相談に応じます。

 

 

<アドバイス対象>

 

広報物や発信コンテンツにおける、ジェンダー表現のあり方やチェックポイント

 

自らがジェンダー表現の受信者となる場合の、読み解きポイント(メディア・リテラシー)

 

社外取締役・顧問等の年間契約につきましては、ご相談ください

*メディア・リテラシーとジェンダー、LGBT等を教える『銀座MAYUMEDIAカレッジ』を経営

 

 

<ご相談事例>

 

「『恋愛・結婚』をテーマとする発信コンテンツにおいて、ジェンダー表現を監修してもらいたい」

 

▶▶詳しくはこちら

 

 

<実績>

 

マスコミ倫理懇談会
「広告炎上とジェンダー表現」

東京都町田市職員研修
「広報とジェンダー表現」

神奈川県小田原市職員研修
「情報の発信とジェンダー」

東京都日野市 男女共同参画都市宣言20周年基調講演
「セクハラ #MeTooのリテラシー」

神奈川県教育委員会
「メディアがジェンダー意識に与える影響」

埼玉県人権啓発研修会
「LGBTとメディア」
福岡県男女共同参画センター
「ジェンダーとメディア」

鹿児島県鹿児島市
「男女共同参画とメディア・リテラシー」

 

その他の実績はこちら

 

 

 

<メディア協力>

フジテレビ『めざまし8』で「ジェンダー炎上問題」(出演)

朝日新聞で「ノーベル賞報道とジェンダー表現」(コメント)

『週刊女性』で「言葉使いとジェンダー、LGBT」(コメント)

テレビ朝日系『ニュースの深層』で「LGBTと同性婚」(出演)

 

その他のメディア協力はこちら

 

 

 

<参考文献>

『オトナのメディア・リテラシー』
(渡辺真由子著、リベルタ出版)