~ 大学での客員講義に対応しています ~

【専門分野】
メディア・リテラシー教育、ネット・リテラシー、SNSリテラシー、恋愛リテラシー、
映像制作実習、ジャーナリズム論、ジェンダー論、

就活用小論文・エッセイライティング、青少年保護政策、ソーシャルメディア論
*英語による講義も可能

 

【教鞭を執った大学】

2007~2010 慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所
         ・『メディア・コミュニケーション実習』 (シラバス例は画面下)
         ・『メディア特殊講義』


2011~2016 相模女子大学
         ・『エンターテイメントの経済学』

         ・『エンターテイメント産業論』
         ・『日本語スキルアップ講座』 (シラバス例は画面下)

         ・『教育とジェンダー』 (シラバス例は画面下)

 

2013     桐朋学園芸術短期大学ステージ・クリエイト専攻

         ・『メディア・リテラシー』

 

2015      中央大学法学部 

        中央大学理工学部 

        『ネット・SNSトラブルを未然に防ごう!』(ハラスメント防止啓発キャンペーン)

        白鴎大学 

         ・『SNSリテラシー』

 

2016     東京都市大学

        『性的イメージとメディア』

        白鴎大学

        ・『SNSリテラシー』

 

2017     青山学院大学

         ・『ネットと性のリテラシー』

         ・『マイキャリア・ヒストリー』

         慶應義塾大学(SFC)

        ・『ネット時代の恋愛とリテラシー』

 

2018       星槎大学大学院 教育学研究科

      ・『ネット時代のメディア教育』

      青山学院大学

      ・『#MeToo、リベンジポルノ、性情報の誤解』

 

 

 

【 シラバス例 】

■『メディア・コミュニケーション実習』 *マスコミ内定者多数輩出!

[講義概要]

 テ レビ、新聞、広告などのメディアの作り手は、どのような「意図」のもとに情報を発信しているのか? メディアが社会の価値観に与える影響を認識し、情報を 読み解くための能力(メディア・リテラシー)を、理論と実践を通して身に付けます。自らが情報の発信者となる場合も必要な能力です。

 

[テキスト]
『オトナのメディア・リテラシー』


[講義計画]
W 1 メディア・リテラシー入門  ~「伝える」ということ 
W 2 広告の意図(広告リテラシー) 
W 3 客観報道という幻想
W 4 映画産業と女性
W 5 メディアの言葉づかい
W 6 メディアの暴力・性表現
W 7 ネット・リテラシー
W 8 恋愛リテラシー
W 9 企画の見つけ方&構成の立て方
W 10 撮影&インタビューの手法、原稿の書き方
W 11 編集の裏側
W 12 映像作品プレゼンテーション1
W 13 映像作品プレゼンテーション2

W 14 映像作品プレゼンテーション3

W 15  総括   

 

 

■『日本語スキルアップ講座』 *就活にも役立つ!

 [講義概要]
特定のテーマについて、自分の意見を効果的に伝えられるようになると共に、自己PRを文章でわかりやすく述べる力を身につけます。前半ではエッセイや新聞のコラムを読み解き、効果的な文章のテクニックを理解します。後半では授業内で実際に文章を書 き、短時間で言いたいことをまとめる訓練をします。時事問題の解説も行ない、就職活動にも役立つ実践的な内容です。

 

 [テキスト]
『子どもの秘密がなくなる日~プロフ中毒ケータイ天国』
他、模範文章を適宜配布


[講義計画]
W 1 オリエンテーション
W 2 エッセイ分析1 
W 3 エッセイ分析2
W 4 コラム分析1
W 5 コラム分析2
W 6 エッセイ執筆1
W 7 エッセイ執筆2
W 8 コラム執筆1

W 9 コラム執筆2
W 10 小論文分析1
W 11 小論文分析2
W 12 小論文執筆1
W 13 小論文執筆2
W 14 小論文執筆3
W 15 総括

 

■『教育とジェンダー』 *教育者を志望する学生へ!

[講義概要]

 

 「男の子は活発であるべき」「女の子はおしとやかであるべき」……そんな思い込みをしていませんか?性別を理由に、望ましい性格や生き方を決めつけることを「ジェンダー」といいます。子どもは、大人にジェンダーを押し付けられると、伸び伸び育てなくなります。
 ジェンダーに関する私達の考えは、メディアから多くの影響を受けています。この授業では、広告やニュース、映画、ネットといったメディアのジェンダー表現を分析します。それぞれのメディアにおけるジェンダー表現の現状について、グループでディ スカッションと発表も行います。レポートでは「私のメディア史」を振り返ります。元テレビ局ディレクターとしての経験も交えお話します。 メディアのジェンダー表現に潜む問題点を理解することにより、子どもの個性を尊重できる教育者になることを目指します。 

 

講義紹介記事

 

[テキスト]
『リベンジポルノ~性を拡散される若者たち』


[講義計画]
W 1 オリエンテーション 
W 2 子ども向けメディアとジェンダー
W 3 ディスカッション&発表 
W 4 広告とジェンダー
W 5 ディスカッション&発表
W 6 映画とジェンダー
W 7 ディスカッション&発表
W 8 恋愛とジェンダー
W 9 ディスカッション&発表

W 10 インターネットとジェンダー
W 11 ディスカッション&発表
W 12 ニュースとジェンダー
W 13 ディスカッション&発表

W 14 言葉使いとジェンダー

W 15  総括